コーチ・コントリビューション株式会社

セミナー

人を育成する中でリーダーは2つの手法で人材育成を無意識で行っています。

1つ目は、ティーチングという手法です。ティーチングとは教える事、指示する事をいいます。 知識がないメンバーに対して、リーダーがメンバー(部下)にティーチングして、知識を与え、育てるのに効果的な手法です。
2つ目が、コーチングという手法です。コーチングは、教えるのではなく、メンバー(部下)に質問し、メンバー自身が考えて発言してもらいます。自分で話す事によって考えが整理され、主体性を引き出す手法です。

リーダーがメンバー(部下)を育成する場面で、今、「コーチング」すべきなのか?今、「ティーチング」すべきなのか?を意識的に効果的に、場面、相手、状況によってリーダーが使い分ける事ができるようになるためにコーチング・トレーニングを行います。

常に目標達成に向けたコミュニケーションをリーダーが学ぶことで、意図的に「コーチング」と「ティーチング」を使い分けることができるようなります。

ページのトップへ
Copyright(c)2010 Coach Contribution All Rights Reserved.
コーチ・コントリビューション株式会社
〒812-0029 福岡県福岡市博多区古門戸町1-1
日刊工業新聞社 西部支社ビル8F
電話番号 092−292−4881 FAX 092−292−4882